ニキビの種類

思春期に多く見られますが、大人になってからもニキビが出ることもあります。大人になってからのニキビは吹き出物と呼ばれています。

サイトトップ >

スポンサードリンク

ニキビの種類

ニキビとは


ニキビは皮膚疾患のひとつで、毛包部分が炎症や化膿などの症状が現れます。思春期に多く見られますが、大人になってからもニキビが出ることもあります。大人になってからのニキビは吹き出物と呼ばれています。

ニキビを知らない人はいないくらい一般的な疾患のため、治療が遅れてしまうこともあります。

思春期を過ぎれば良くなると過信していると、あとで後悔してしまう可能性もあるのです。

ニキビの症状が軽い場合は、ニキビ跡が残ることはほとんどありませんが、ニキビが広範囲に広がってしまうと症状も長引いてしまうため、クレーターと呼ばれるニキビ跡が残る可能性が高くなります。

クレーターを完全になくすことは難しく、ニキビは早期に適切な治療を行う必要があるのです。

女性の場合は、思春期以降もニキビで悩まされることも多く、原因として考えられていることは、生活習慣やストレスなどです。

40歳くらいまでニキビに悩まされるケースもあるため、適切な治療をすることが大切です。

皮膚疾患は精神的な影響を受けやすいため、顔に出やすいニキビは精神的な負担が大きく、治療を行っていても症状が改善されにくい場合も多くあります。

悪循環に陥らないようにニキビ治療は早期に行うことがとても重要です。


ニキビの種類

MENU



スポンサードリンク